Webサイト運営を考える~戦略・仮説検証・情報収集・Webで言えないこと

現在月間11万PVのWebサイトを運営中の管理人が、どうすればアクセスアップするか考え、そのための情報収集方法を探し、さらにWebでは言えない意見・主張を吐露するブログ

サーチコンソールで前日のdiscover(通称Google砲)が分かるように!

Sponsored Links

Sponsored Links

Googleサーチコンソール(通称サチコ)がいつの間にかアップデートされました。

それによって、前日起きたGoogle砲の発生有無を確認できるようになり、グロース施策に活用できるようになりました。

 

Google砲とは?

Google砲はdiscover(Googleディスカバリー)というのが正式名称で、GoogleアプリやChromeアプリで、おすすめ記事として紹介されることです。

アプリユーザーの興味・関心に基づいて、レコメンドされるため、オススメ記事に掲載されることで、アクセス数が爆発的に増加します。

 

Google AnalyticsではGoogle砲はdirectの流入

このGoogle砲によるアクセスの大半は、アクセス解析ソフトのGoogle Analyticsでは「direct/(none)」のトラフィックとしてカウントされます。

サイト運営者はGoogle Analyticsを見ていて、急にdirectのトラフィックが増加した場合にはGoogle砲が発生したのでは?とGoogle砲の発生有無を推測できました。

 

Google砲はGoogleサーチコンソールで確認可能

そんなGoogle砲はサーチコンソール上で発生したか確認することができます。

yamataso.hateblo.jp

discoverというメニューから、過去に発生したGoogle砲を知ることができます。

しかし、これまでは実際確認するまでに3日ほどタイムラグがありました。

例えば、5/1にGoogle砲が発生した場合は、発生したかどうか確認できるようになるのは、5/4でした。

このタイムラグは結構つらく、この時気づいてもすでにGoogle砲の勢いは過ぎ去っており、追加でPVをアップさせるグロース施策を行っても効果が薄くなっています。

 

【朗報】Google砲発生翌日から確認可能に

そんなタイムラグが残念だった、GoogleサーチコンソールのDiscover機能がアップデートされました。

なんと、前日に発生したGoogle砲も確認できるようになったのです!

これは非常に大きな進歩で、Google砲は2日程度効果が持続します。

Google砲が発生したことを翌日に検知できれば、SNSでそのことを紹介したり、ブログでも告知することで、さらなるPVアップが狙えます。

サーチコンソールのDiscover機能を活用することでブログのグロースにつなげることが可能です。

 

サーチコンソールの前日のDiscover確認方法

Googleサーチコンソール(サチコ)で前日に起きたGoogle砲の発生を確認する方法は簡単です。

1.サーチコンソールの左メニューの「Discover」をクリックします。

f:id:tyamamototry:20200514210240j:plain

 2.デフォルト「日付:過去3ヶ月間」となっているのをクリックします。

f:id:tyamamototry:20200514210255j:plain

 3.「最新日(yyyy年m月dd日)」を選択し、適用をクリックします。

f:id:tyamamototry:20200514210315j:plain

 4.前日のGoogle砲が発生したページURLとクリックを確認します。

f:id:tyamamototry:20200514210334j:plain

 たった4Stepで確認ができます。

このサチコのアップデートによって、Google砲の発生がより早く可視化されるようになりました。

 

終わりに

Googleサーチコンソールで、前日に起きたGoogle砲が確認できるようになったことを紹介しました。

これまで3日タイムラグがあったGoogle砲の検知が1日に短縮されたことは非常に喜ばしいです。

すぐにGoogle砲を確認することでSNSなどでの紹介によって、Google砲と合わせたPVアップを狙うことができます。

もし、Google Analyticsで前日のdirectのアクセスが増えていたら、サーチコンソールでGoogle砲の発生を確認することをおすすめします。