Webサイト運営を考える~戦略・仮説検証・情報収集・Webで言えないこと

現在月間6万PVのWebサイトを運営中の管理人が、どうすればアクセスアップするか考え、そのための情報収集方法を探し、さらにWebでは言えない意見・主張を吐露するブログ

テレ東・ジパングの働き方改革×ヒュッゲに申したいポイント!

Sponsored Links

2018年2月20日にテレビ東京のビジネス番組「ジパング」で働き方改革がテーマとして取り上げられました。その中でキーワードとして紹介されていたのが「ヒュッゲ」というデンマーク語です。今回は、その働き方改革×ヒュッデについて意見があったので、記事を書いてます。

ヒュッゲは「居心地がいい」という意味

ヒュッゲというのは、デンマーク語で「居心地が良い、心地よい」という意味です。

f:id:tyamamototry:20180220013950j:plain

デンマークでは、古くから日常生活でヒュッゲが取り入れられているそうです。このヒュッゲが日本では新しいライフスタイルや、生き方を示す最新のホットワードになっているそうです。働く生産性という指標において、デンマークは世界第5位とトップクラスです。さらに、幸福度ランキング1位を何度も獲得するなど、幸せな国と言われています。

f:id:tyamamototry:20180220014003j:plain

 

日本では「フラリーマン」が増殖中

日本でも働き方改革が、いたるところで行われています。国連からの指摘を受け、政府が推進し、様々な企業で残業削減などを働きかけています。いかに生産性を維持しつつ、働く時間を減らして、残業時間を減らすか。私の会社でも人事部や上司が取り組んでいます。

その中には、ある時刻になるとPCが自動でシャットダウンしたりして、強制的に退社させ、残業させない取り組みをしている企業も多くあります。しかし今まで遅くまで働いていた人が定時に上がって帰宅しても、何をしたらよいか分からない人が多いそうです。そのため、新橋などの街をフラフラする、フラリーマンが増殖中とのことです。フラリーマンは、早く家に帰らずに、外で缶ビールを飲んだり、マンガ喫茶やカラオケに入ったりするそうです。

 

働き方改革×ヒュッゲは正しいが・・・

2018年2月20日の放送では、働き方改革を成功させるキーワードとして、ヒュッゲを紹介していました。「よく働き、よく休む」は至極正しいと思います。しかし、日本での「ヒュッゲ」の取り入れ方の紹介映像には疑問が残りました

番組の中で、デンマーク人のハーフの方が、「ヒュッゲに当たる日本語はない」と言いました。しかし、「ゆとり」という表現ができます。その方法は千差万別で、ダラダラ家でテレビを見てリフレッシュするのも、スーパー銭湯に行くのもヒュッゲです。私的にはTSUTAYAの借り放題サービスで借りたDVDをひたすら見るのが、最近のヒュッゲです。

yamataso.hateblo.jp

 

すぐ欧米のオシャレに走りがち

にもかかわらず、すぐに欧米のことばをおしゃれなものと捉え、オシャレなことにはしるのは、日本人の悪い癖だと思います。番組内で紹介されていたオシャレなホームパーティや、山中湖の薪暖炉があるログハウスの宿泊は、もちろんヒュッゲです。けれども、ヒュッゲをステレオタイプにホームパーティーやオシャレな生活に結び付けるのは早計で、それでは長続きしないと思います。ヒュッゲなアイテムというのは、本当に意味不明な表現でした

 

生産性の考え方

そもそも、「日本人は生産性が低い」というのに私は、若干の異論があります。どう考えても、日本人が外国人に能力で劣るとは思えません。計算能力や勤勉性、他の国の人に比べ優れていると考えています。

※ただし、インド人には負けます。

日本人が生産性が低いと言われるのは、こういうことだと捉えています。

生産性の違いのイメージ

  • 日本:テスト科目を90点取るために8時間費やす
  • 海外:テスト科目を70点取るために8時間費やす

日本は仕事に関するクオリティーがシビアです。関係部署との事前調整など、細部にわたる部分まで高い品質が求められます。それに対し、海外はそれほどのクオリティーは担保しません。米国の某世界的IT企業のサポートでもひどいレベルです。英語の原文を見て、冒頭に「Hi!」と書かれていたのは、衝撃でした。「友達か!」

テストでもそうですが、70点取るための勉強はそれほど時間がかかりません。しかし、そこからさらに20点積み増し、90点取るためには非常に時間がかかります。その結果、

  • 日本は合計点数が1×90=90点
  • 海外は合計点数が2×70=140

合計点数で50点の差が開くことになります。その結果、全体の生産性という意味では、下がります。ただ、これは日本の文化がそれだけのクオリティーを求めていることもあります。

 

大切なのは80点で満足する社会にすること

働き方改革で大切だと思うのは、「80点で満足する社会にすること」だと個人的には思っています。80点取れればよいなら、関係部署との調整も根回しから始めず、メールでの連絡が当たり前になれば、仕事量は圧倒的に減少します。(実際、根回しは効果があるのでするのですが・・・)

私も、自分が仕事するうえでは、「70点取れればよいからたくさんテストを受ける」というスタンスです。残念ながら、会社にいればいるほど、残業代が出るわけではないため、いかに早く帰ることが自分の時給単価を上げ、仕事の効率化につながります。

しかし、なかなかそれは大変です。すでに定時終わってから会議が設定されたり、帰ろうとすると、引き留めが入ったり。ある意味、残業させない方法も効果はありますが、そういった方法は副次的で、上司や上の人の意識を変えることが大切です。

それができないなら、正直働き方改革はできないと思います。

 

f:id:tyamamototry:20180220023018j:plain

 

終わりに

今回、2018年2月20日に放送されたテレビ東京ジパング」で働き方改革を成功させるためのキーワードとして、ヒュッゲが紹介されました。ヒュッゲはデンマークのことばで、居心地の良い暮らし・空間という意味で使われています。

しかし、日本に取り入れ方が、通り一遍等な捉え方をしていると番組を見ていて感じました。ホームパーティーやおしゃれアイテムなど、本当にそれって日本人のヒュッゲなのかと疑問に感じました。

生産性を高めるためには、切り捨てるポイントを見つけ、全体の業務量を減らすことが大切です。日本人が費やす根回しや、社内調整は生産性に含まれないため、それらを少しでも減らせない状況では、働き方改革は実現できません。あとは早く帰っても問題ない空気感。これが欲しいと感じる、今日この頃です。