Webサイト運営を考える~戦略・仮説検証・情報収集・Webで言えないこと

現在月間6万PVのWebサイトを運営中の管理人が、どうすればアクセスアップするか考え、そのための情報収集方法を探し、さらにWebでは言えない意見・主張を吐露するブログ

【図解】Amazonの「Echo Dot」セットアップ手順を解説~初期設定でつまずいたポイント

Sponsored Links

先日開催されたAmazonプライムデーでセールになっていた、スマートスピーカー「echo dot」を入手しました。そこで、使えるようにセットアップのために初期設定しようとしたのですが、設定方法が分かりにくく、つまずいたので、わたしがつまずいたポイントと、初期設定方法を解説したいと思います。ぜひご参考いただければと思います。

 

echo dot付属の説明書が簡潔すぎる件

Echo Dot (エコードット) - スマートスピーカー with Alexa、ブラック

アマゾンの音声認識バイス「echo dot」には、付属の説明書が同梱されています。しかし、この説明書がなかなか簡潔すぎるという問題に直面しました。そもそも、名刺サイズの大きさの小冊子6ページ程度しかありません。そのため、基本的に文字情報しかない状態でした。

f:id:tyamamototry:20180718004214j:plain

Amazon Alexaアプリって?

説明書に従って、echo dot本体に電源ケーブルを接続し、コンセントに接続すると、電源が入り、起動します。説明書によると、1分程度待つと、初期設定が可能になるということでしたので、待っていると、「アマゾンアプリから初期設定してください」と音声が流れました。

ここがつまずいたポイントです。「アマゾンアプリって何?」という状態でした。echo dotにアプリが入っているのかと思って、押すことができる4つのボタンをすべて押してみても、うんともすんとも言いません。

 

もしかしてスマホアプリ?

設定が途中で中断してから、10分程度経過したところで、1つの心当たりが頭に浮かび上がってきました。「もしかしたら、アプリって、スマホアプリのことなのか?」

そう考え、思い出したのが、Kindle Fireにいつの間にかインストールされたアプリです。

f:id:tyamamototry:20180723153545j:plain

確かに「Amazon Alexa」という文字があります。どうやら、セットアップはスマホタブレットAlexaアプリをインストールし、初期設定・セットアップする模様です。

ただ、これで私はKindle Fireの情報に加え、echo dotで入力した情報と、自分の個人情報がダダ洩れになることになりました。

 

Echo dotの初期セットアップ手順

初期設定に必要なAlexaアプリも準備できたので、セットアップ方法を解説したいと思います。ちなみに手順は、Amazon EchoやEcho Plusも一部異なるだけで共通みたいです。そのため、EchoやEcho Plusでも本手順をご参考下さい。

1.まず、スマホorタブレットにインストールしたAlexaアプリを起動します。

2.起動したら、下部にあるメニューのうち右側の設定アイコンをタップします。

f:id:tyamamototry:20180723155317j:plain

Kindle Fire保有されている場合、Kindle Fireが表示されています。今回、スマートスピーカーをセットアップするため、「新しいデバイスをセットアップする」をタップします。

 

3.セットアップするデバイスを選択できます。今回はEcho Dotをセットアップするため、「Echo Dot」を選択します。

f:id:tyamamototry:20180723155443j:plain

※他のEchoやEcho Plusをセットアップする場合は、そちらを選択してください。

その後、使用する言語を聞かれるので、日本語を選択してください。

 

4。設定Echo Dotを電源に接続します。接続したあと、すぐにセットアップできないため、1分程度待ちます。下のキャプチャ画像のようにオレンジ色のLEDが点灯したら、「続行」をタップします。

f:id:tyamamototry:20180723155601j:plain

 

5.Alexaアプリを起動しているスマホタブレットWifi設定画面で、「Amazon-XXX」というSSIDを探して、接続します。

f:id:tyamamototry:20180723160648j:plain

Amazon-XXX」のwifiに接続し終えたら、上の画面に戻ると、接続完了のメッセージが表示されます。

f:id:tyamamototry:20180723161224j:plain

続行ボタンを押して、引き続きセットアップを進めます。

 

6.続いて、インターネットに接続可能なWifiに接続を行います。そのため、無線LANが必須です。

f:id:tyamamototry:20180723160841j:plain

使用する無線LAN回線を選択し、パスワードを入力して接続します。

 

7.正常にEcho Dotが無線LANに接続できると以下のキャプチャが表示されます。引き続きセットアップを進めるため、続行をタップします。

f:id:tyamamototry:20180723161345j:plain

 

8.Echo Dotの構成を選択します。Bluetoothスピーカーに接続しているか、オーディオケーブルでスピーカーに接続しているか、スピーカーなしか3種類から選択します。

f:id:tyamamototry:20180723161650j:plain

私の場合、スピーカーを接続せずに使用するため、「スピーカーなし」を選択しました。

 

9.はじめてのEchoということで、使い方に関する簡単なチュートリアル動画が流れます。

f:id:tyamamototry:20180723161704j:plain

それほど中身のある内容ではありませんでしたので、見ずに「次へ」をタップして問題ありません。

 

10.続いてもチュートリアルで、Echoを使ってみるフレーズの紹介があります。

f:id:tyamamototry:20180723161717j:plain

ちなみに天気を聞くと、GPSも駆使され、Echo Dotを設置している場所の天気を教えてくれます。

 

11.その後いくつかのチュートリアル画面が表示されたあと、セットアップ完了画面が表示されれば、初期設定は完了です。

f:id:tyamamototry:20180723162104j:plain

ここから、Echo Dotに「アレクサ」というフレーズとともに、話しかけるとEcho Dotを利用することができます。なお、話しかけた履歴を、セットアップで使用したAlexaアプリで確認可能です。

もし、遠く離れた親や家族にプレゼントした場合、その人たちの検索結果も知れるので、日々の生活状況も知ることが便利です。

f:id:tyamamototry:20180723163346j:plain

手順としてはボリュームがありましたが、実際に試してみると、10分程度でセットアップできます。最初のAlexaアプリ=スマホアプリということに気づけば、それからの手順は表示画面に従ってセットアップするだけなので、簡単です。

 

ここから、Echo Dotをさらに便利に使うためには、”スキル”と呼ばれるものをセットアップしていく必要があります。(Echo Dotのスキルについては改めて紹介したいと思います。)

 

終わりに

今回、Echo Dotの初期セットアップの方法を、キャプチャ画像を用いて紹介しました。EchoDotの説明書は小冊子で6ページと、やや不親切で、Alexaアプリとは何かというところでつまづいてしまいました。

ただ、Alexaアプリをスマホキンドルに導入し、無線LAN環境を用意できれば、初期セットアップは10分程度で簡単にできます。

ぜひ、EchoDotのセットアップで分からない人の助けになれば幸いです。

Echo Dot (エコードット) - スマートスピーカー with Alexa、ブラック