Webサイト運営を考える~戦略・仮説検証・情報収集・Webで言えないこと

現在月間6万PVのWebサイトを運営中の管理人が、どうすればアクセスアップするか考え、そのための情報収集方法を探し、さらにWebでは言えない意見・主張を吐露するブログ

三越伊勢丹エムアイカードは申込後即審査!Web申し込み~カード受取の流れを紹介

Sponsored Links

三越伊勢丹グループ発行のクレカ「エムアイカード」は、WEB申し込み後、即時審査ですぐにお店で受けとることができるのが売りのクレジットカードです。今回、エムアイカードプラスをWeb申し込みから店頭での受け取りまで体験しました。本当にあっという間にエムアイカード+を受け取れました。どんな流れか紹介したいと思います。

三越伊勢丹グループのクレジットカード「エムアイカード

エムアイカードは、百貨店売り上げNo1の三越伊勢丹グループが発行するクレジットカードです。

f:id:tyamamototry:20180731124541j:plain

とそれぞれの百貨店が発行していたクレジットカードを統合したものがMICARD(エムアイカード)です。エムアイカードは、コンビニや飲食店などで利用した場合は、通常ポイントで0.5%のポイントが貯まります。貯まったポイントは1ポイント=1円として三越伊勢丹グループで使うことができます。

 

ポイント還元率が0.5%だと一般的なクレジットカードと変わりません。しかし、三越伊勢丹グループ百貨店では、5%と非常に高還元率です。しかも初年度は5%ですが、翌年は利用金額に応じて、ポイントの貯まる割合が変化します。

  • 前年のお買い上げ金額が30万円以上:8%還元
  • 前年のお買い上げ金額が100万円以上:10%還元

三越伊勢丹で100万円を使うのはかなり贅沢ですが、それ以外の買い物でもいいので、上手く貯めて活用できれば、非常に便利なカードです。

www.micard.co.jp


エムアイカードのラインナップは3種類

三越伊勢丹のクレカ「エムアイカード」にはラインナップが3種類用意されています。

  1. エムアイカードプラス

    f:id:tyamamototry:20180731123939j:plain

  2. エムアイカードスタンダード

    f:id:tyamamototry:20180731124006j:plain

  3. エムアイカードプラスゴールド

    f:id:tyamamototry:20180731124445j:plain

 

エムアイカードプラスとエムアイカードスタンダードの違い

エムアイカードプラスゴールドは、ゴールドカードなので、年会費が高額な分、ポイント還元率が1%だったり、付帯サービスが色々あるので、分かりやすいです。

しかし、MIカード+とMIカードスタンダードの違いが分かりにくいです。

f:id:tyamamototry:20180731123939j:plain

f:id:tyamamototry:20180731124006j:plain

2枚のカードを比較して調べたところによると、利用者にとって大きな違いは2点です。

MICARD+とスタンダードの違い1点目

エムアイカードスタンダードは、三越伊勢丹グループの百貨店での利用時のポイント還元率が1%です。そのため、エムアイカードで説明した、5~10%の還元率の恩恵を受けることができません。

MICARD+とスタンダードの違い2点目

ポイント還元率以外には年会費に違いがありました。

  1. エムアイカード+:年会費2000円(初年度無料)
  2. エムアイカードスタンダード:年会費500円(Web明細登録+年1回買物で無料)

エムアイカードは初年度が無料ですが、2年目から2000円もかかります。この年会費は割り引いたり、無料にすることができません。それに比べ、エムアイカードスタンダードは、紙の明細ではなく、Web明細を登録し、年間に1度でも買い物すれば、年会費が無料になる条件がついています。さらに、一度も買い物しなくても、年会費は500円と、エムアイカードプラスの1/4で済みます。

 

エムアイカードスタンダードは受取店舗は大阪・博多の2店舗のみ

エムアイカードスタンダードには、もうひとつ欠点があります。エムアイカードスタンダードの欠点は、エムアイカードのセールスポイントの即日受け取りの利用店舗の少なさです。エムアイカードスタンダードも、即日受け取りが可能ですが、受け取ることができる店舗が3店舗のみです。しかも、大阪のと福岡(博多)のみです。

f:id:tyamamototry:20180731130938j:plain

東京では即日受け取りが不可能です。そのため、即日受け取りで今すぐ使いたい人には、エムアイカードプラスがよいという結論になります。

 

Web申し込み~カード受け取りまでの流れ

1.Web申し込み

まず、エムアイカードのHPに行き、クレジット申し込みを行います。名前や住所、連絡先や職業などを入力していくので、記入していきます。

そのあと、受け取り方法について訪ねられるのでは、即時受け取りの場合は、郵送ではなく、店頭を選びます。すると、受け取り可能な店舗が表示されるので、受け取りやすい店舗を選択します。

最後にクレジットカードの引き落とし口座を登録します。昔は紙で登録する必要があったりしましたが、今はWebですべて登録、完結することができます。

各種情報の入力と受け取り方法、引き落とし口座を登録すると申し込みは完了です。

2.審査結果メール

申し込みが完了すると、まず申し込み完了のメールが到着します。その後、審査完了のメールが、平日の営業時間だと、なんと最短5分で届くそうです。今回は深夜に申し込んだので、営業時間外でしたが、翌日メールを確認すると、9時58分に審査完了のメールが届いていました。

f:id:tyamamototry:20180731132441j:plain

このメールは、店頭での即時受け取りに必要なので、メールの画面をスマホで表示できるようにするか、印刷しておきましょう。

3.店頭にて受け取り

店頭受け取りでは、受けとるお店に以下の2つを持参する必要があります。

  1. 審査完了のメール(印刷不要、スマホ表示でOK)
  2. 本人確認用の書類・証明書(免許証など)

私は、伊勢丹新宿店を受け取り店舗に指定したので、行ってきました。

f:id:tyamamototry:20180731131546j:plain

エムアイカード入会受け付けは案内図によると、2階と3階とありますが、即時受け取りの場合は、3階の入会受け付けカウンターです。
Web申し込みを行ったことを伝えると、店員さんがカウンターに案内してくれました。そこで、審査完了のメールを提示します。すると、カード受け取り用の書類を記入するよう依頼を受け、記載すると、本人確認の証明書提示を求められたので、免許証を提示しました。
記入が終わると、エムアイカードプラスを受けとり、裏面に自分の名前を記入します。それが完了すると、カードを受け取ったことに対し、署名を行えば、店頭での即時受けとりは完了です。所用時間も15分程度であっという間でした。

 

Web申し込みはポイントサイト経由がオススメ

エムアイカードの申し込みは店頭ではなく、Web申し込みがオススメです。なぜならば、Web申し込みの場合、ポイントサイト経由で申し込みが可能だからです。ポイントサイトから申し込むことで、利用したポイントサイトのポイントを獲得することができます。私が利用しているハピタスでは、エムアイカードの各ラインナップが以下のポイントがもらえます。

普通のクレジットカード申し込みよりももらえるポイントは多めです。こうしたポイントは店頭ではもらえません。そのため、ポイントサイト経由でお得に申し込むのがオススメです。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

終わりに

今回、三越伊勢丹グループが発行するクレジットカード「エムアイカードプラス」をWeb申し込み経由で、即時受けとりを体験しました。深夜に申し込みしたら、翌日の朝には審査完了で、店頭で受けとることができました。店頭でかかった所要時間も、15分程度で、とても短時間で受けとることができました。

通常Web申し込みでも、審査に時間がかかり、受けとるのは2週間後などがザラでしたが、エムアイカードは即時受けとりのサービスがあったので、翌日には受けとることができたので、とても便利でした。さらに、ポイントサイトを経由することで、ポイントも獲得できるので、とてもお得です。ぜひ、エムアイカードが必要になったら、ポイントサイト経由で、即時受けとりで申し込みましょう!

個人的には、ポイントサイトはポイント還元率や、現金化が最もしやすいハピタスがオススメです。エムアイカードを申し込む際は、申込でもポイントをぜひ獲得しましょう。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス