Webサイト運営を考える~戦略・仮説検証・情報収集・Webで言えないこと

現在月間11万PVのWebサイトを運営中の管理人が、どうすればアクセスアップするか考え、そのための情報収集方法を探し、さらにWebでは言えない意見・主張を吐露するブログ

無料はてなブログでもプライバシーポリシーはグーグルアドセンスに必要!設置方法も解説

Sponsored Links

Sponsored Links

はてなブログにグーグルアドセンスを掲載する際には、プライバシーポリシーが閲覧したユーザーが分かる位置に掲載しておく必要があります。これはGoogle AdSenseの規約としても書かれており、グーグルアドセンスの審査でも重要視されます。もし、プライバシーポリシーがないと規約違反でアカウント停止になる可能性もあります

このブログでも、Googleアドセンスを利用するにあたって、プライバシーポリシーを掲載しました。そこで、その際にどのようにしてプライバシーポリシーを設置したか紹介したいと思います。

 

 

ブログで収益を得るための必須サービス「グーグルアドセンス」

f:id:tyamamototry:20171123232224p:plain

ブログやWebサイトの収益化に必須とも言えるのが、広告を掲載できるサービス、「グーグルアドセンス」です。グーグルアドセンスの広告をブログに表示しておき、閲覧ユーザーが広告をタップorクリックすると、広告収入を得ることができます。アクセス数があるサイトでは、ちょっとした小遣い稼ぎから、ブログ専業など収益の柱にもなるサービスです。

Googleアドセンスの審査通過記事は↓

yamataso.hateblo.jp

 

 

Googleアドセンスの規約にはっきり明記

しかし、ただサービスを申し込んで、アドセンス広告を掲載するだけではいけません。Googleアドセンスには、きちんとした規約が存在しています。規約に違反すると、広告の配信は停止され、下手すればアカウント凍結の憂き目に遭う可能性もあります。

特に気を付けたい規約が「ユーザーからの連絡手段の確保」と「プライバシーポリシーの策定」です。この2つは、Googleアドセンスの規約にしっかり書かれています。

 

お客様は、本サービスを利用するに際しては、常に、明確に表示され、簡単にアクセス可能なプライバシー ポリシーを広告媒体に必ず付すものとし、当該プライバシー ポリシーにより、Cookie、デバイス特有の情報、ロケーション 情報、および本サービスに関連してエンド ユーザーのデバイスに保存され、当該デバイスにおいてアクセスされ、当該デバイスから収集されるその他の情報(場合により、Cookie 管理に関するエンド ユーザーのオプションに関する情報を含みます)についての明確かつ包括的な情報をエンド ユーザーに提供するものとします。

もし、掲載されていないと、お伝えしたように規約違反で利用できなくなる恐れがあります。

 

プライバシーポリシーって何?

f:id:tyamamototry:20170929003404j:plain

では、プライバシーポリシーとは一体どういったものなのでしょうか?この言葉自体が英語ですが、日本語に翻訳すると、「個人情報取り扱い方針」という意味です。これは、ブログを閲覧するユーザーの個人情報をどのようにブログの管理者は扱っているかを示す文書になります。GoogleAdsenseの規約に書かれているように、ブログ訪問者の

  • Cookie
  • デバイス特有の情報
  • ロケーション 情報
  • その他デバイス保存情報

をブログではどのように活用しているかを明示する必要があります。たとえばグーグルアドセンスを利用すると、ユーザーの閲覧履歴を保存しているCookieにアクセスします。閲覧履歴からその人が興味ありそうな広告を表示します。

その他、アナリティクスなどでも訪問者のデバイス情報、使用しているブラウザ情報も収集されています。

 

プライバシーポリシーはどう書けばいい?

f:id:tyamamototry:20170825153023j:plain

プライバシーポリシーって書くのが難しそうと思われる人も多いと思います。私もそうでした。普段ブログをやっているだけでは、個人情報を収集している感覚はありません。でも、実はプライバシーポリシーって簡単に準備が可能です。

プライバシーポリシーはコピペOKの文例を利用

プライバシーポリシーは、ネット上にコピペOKな文例がたくさん転がっています。この文例にサイト名を記載するなど、少しだけアレンジするだけでプライバシーポリシーは完成します。私のこのブログのプライバシーポリシーもコピペOKです。

yamataso.hateblo.jp

 冒頭のところに本サイト(http://yamataso.hateblo.jp)と記載していますが、このURLを自分のはてなブログのリンクに変更するだけでOKです。これで文章は完成です。

プライバシーポリシーの掲載方法・手順

 はてなブログにプライバシーポリシーを掲載するためには、いくつかやり方が存在します。そのなかで私が行っている非常に簡単な方法を紹介します。

  1. プライバシーポリシーの文を記事で新規投稿
  2. 投稿時は人の目につかない過去日で投稿
  3. サイドバーのウィジェットにプライバシーポリシーのリンク貼付

まず、前述のコピペを一部アレンジした文章を記事として新規投稿します。ここで気を付けたいのが、そのまま投稿すると、最新記事として表示されてしまいます。いきなり最新記事にプライバシーポリシーの記事が出ると閲覧者はビックリします。それを防ぐため、過去日付で投稿するのがポイントです。

プライバシーポリシーの記事を投稿したら、サイドバーのウィジェット「HTML」を用意します。「このブログについて」というタイトルで、プライバシーポリシーの記事へのリンクを用意します。

これで、Googleアドセンスの規約を守ることができます。

f:id:tyamamototry:20170711002656j:plain



終わりに

今回は、グーグルアドセンスの審査に通過、広告を掲載するために必要なプライバシーポリシーの設定方法を紹介しました。プライバシーポリシーは、訪問者のCookieなどの情報をどのように取り扱うか方針を示すものです。書き方は難しいですが、コピペOKな文例がネットにたくさんあります。私のブログもOKです。

あとは、そのプライバシーポリシーの文章を記事として投稿し、サイドバーなどでリンクを貼っておけば、完了です。これでグーグルアドセンスの規約をクリアできます。ぜひ、アドセンスで収益に興味のある人は、参考にしてください。

 

Googleアドセンスの審査・掲載に必須のもうひとつの要素「問い合わせフォーム」をはてなブログ(無料)に掲載する方法は↓

 

yamataso.hateblo.jp