Webサイト運営を考える~戦略・仮説検証・情報収集・Webで言えないこと

現在月間3万PVのWebサイトを運営中の管理人が、どうすればアクセスアップするか考え、そのための情報収集方法を探し、さらにWebでは言えない意見・主張を吐露するブログ

Instagramの投稿で気をつけたい3つのポイントーいいね、フォロワーを着実に増やすための投稿方法・戦術

今他のFacebookTwitterを凌ぐほどの成長を見せている、インスタグラムの投稿で気をつけたい3つのポイントを紹介したいと思います。

 

成長著しいInstagram

Instagramは基本的には写真・動画がメインのSNSです。アップした写真・動画のキャプションという形で、説明文と検索で使われる「ハッシュタグ」を用意します。

Instagramは、今日本で最も人気のSNSになりつつあります。特にトレンド・流行に大きな影響を及ぼす、女子高生、20代~30代の女性の利用率が高いです。そのため、飲食店やカフェ、レストランなどでは、料理の味だけではなく、「インスタ映え」する見た目が非常に重要な要素になっています。

 

f:id:tyamamototry:20170714095600j:plain

Instagramでいいね・フォローが集まらない・・・

しかし、流行を聞いて始めてみたみたものの、投稿した写真や動画にいいねがつかなかったり、フォロワーもあまり増えなかったりします。私も始めてすぐはいろいろと投稿したものの、投稿写真にいいねがつかず、フォロワーも上手く増えませんでした。特に100人を越えるのが大変で、フォロワーが増えても、フォローを外され、フォロワーが減り、足踏み状態が続きました。

 

そんな中で、どうすれば、たくさんのいいねがもらえるか、フォロワーが獲得できるか戦略を考えました。そして、ある戦術・投稿で気を付けるポイントを見つけたとこ、今までの2倍、3倍のいいねがつくようになりました。さらに、フォロワーも増加傾向にあり、3か月でフォロワー数が約5倍になりました。

今回、インスタグラム初心者のインスタグラマーに向けて、写真や投稿で気をつけたい3つのポイントを紹介したいと思います。

 

Instagramの投稿で気を付けたい3つのポイント

  1. 素晴らしい写真じゃなくて大丈夫、分かりやすい写真を
  2. 投稿時間にも気を配る
  3. ハッシュタグをしっかり設定する

 

1.素晴らしい写真じゃなくて大丈夫、分かりやすい写真を

もちろん、素晴らしい写真を掲載しようとする姿勢は大切です。素晴らしい写真は、見た人からいいねをもらいやすいです。しかし、いい写真を載せないとと思うばかりに、投稿の頻度が下がるのはよくありません。必要なのは、分かりやすい写真であることです。インスタグラムのユーザーは、それほどの写真ひとつひとつじっくり眺めるわけではありません。一日に何千枚と流れてくるインスタグラムの写真には、それだけの時間をかけることができません。そのため、パッと見ていいねコメントをつけるか判断します。そういった意味では、分かりやすい写真「ピンぼけしてない」、「被写体が明確」といった点が重要です。100枚の中から厳選した1枚よりも、20枚の分かりやすい写真を投稿するスタンスの方が、投稿への心理的な障壁も下げることができ、たくさんの投稿ができます。

 

2.投稿時間にも気を配る

これは、Twitterでも共通ですが、ユーザーのアクティブ率が高い時間帯を狙うのがポイントです。ただし、他のメディアと異なるポイントとして、Instagramは、海外ユーザーも考慮する必要があります。というのも、TwitterFacebookは、日本語で投稿した内容に、海外ユーザーを考慮する必要がないからです。知り合いでない限り、海外ユーザーが投稿を見ることはほとんどありません。しかし、Instagramは写真・映像がメインなので、言語の壁はあまりありません。youtube などでも海外の動画を目にする機会は多いと思います。そのため、海外ユーザーに対してもアプローチを考えると投稿時間は考慮すべきです。

具体的には、日本人であれば、投稿のタイミングは朝7:00-8:00、昼12:00-13-00、夕方17:00-23:00が投稿のタイミングでおすすめされます。特にピーク帯は、20:00-22:00と言われています。しかし、アメリカやヨーロッパのユーザーについては時差を考慮する必要があります。そういった意味では、海外のユーザーがアクティブな時間に投稿がオススメです。例えば、日本の深夜は、海外は日中のため、オススメです。

 

 3.ハッシュタグをしっかり設定する

ハッシュタグの設定はInstagramの投稿において最も重要なポイントです。というのも、ハッシュタグは検索のキーになっています。TwitterリツイートFacebookのシェアに比べ、Instagramのリポストは、拡散効果が低いです。そのため、フォロワー以外のユーザーにリーチするためには、検索によるチャネルが有効です。

ハッシュタグ検索から、ユーザーに自分の投稿を見てもらうためには、検索にヒットすることが求められます。そのために投稿のハッシュタグで気を付けているポイントが3つあります。

 ①できるだけたくさんのハッシュタグをつける

ハッシュタグ検索にヒットするためには、できるだけ多くのハッシュタグを投稿につける必要があります。もちろん、全然関連性がないものをハッシュタグにつけるのは不適切です。しかし、少しでも関連性があるポイントがあれば、つけるべきです。なお、1投稿に対するハッシュタグの上限は30個です。この数を超えると、キャプションが無効で投稿されます。毎回30個までハッシュタグを用意する必要はありませんが、できるだけ多くのハッシュタグを用意することをオススメします。さらに、日本人以外も投稿を見ることを考慮し、「#かわいい」とつければ、合わせて「#kawaii」、「#cute」などの英語でハッシュタグをつけると、英語圏の海外ユーザーにアプローチが可能です。このように検索でヒットする可能性が高まります。

 

②ボリュームの多いハッシュタグをつける

ハッシュタグをつけると言っても、つけるハッシュタグにも工夫が求められます。気をつけたいのは、ヒット数が多いハッシュタグを選択することです。検索画面でハッシュタグを検索にすると、投稿ヒット数が表示されます。それだけ投稿されるということは、検索もされることを意味します。そのため、検索されやすいハッシュタグをつけることで、検索される頻度も高く、投稿をフォロワー以外のユーザーが目にする機会も増えます。

このように「ハッシュタグの数」×「ハッシュタグの頻度」を掛け合わせることで、ユーザーの目に触れやすくすることが可能です。

 

③きちんと説明文(キャプション)をつけてハッシュタグ

写真だけでは、伝え足りない部分を補うため、しっかりキャプションを表示しましょう。特に、写真と一緒に表示される、1,2行の説明を完結させると、見た人が読んでくれます。

さらに、ハッシュタグを、投稿の説明文の後に記載することが、個人的に重要と感じています。ユーザーすべてがどう感じているかわかりませんが、ハッシュタグがすぐに大量に見えるのは、あまり好ましいみのではありません。そのため、しっかり、キャプションの前半は、投稿の説明文を入れ、後半にハッシュタグを埋め込むことで、ユーザーに大量のハッシュタグを意識させずにすむ効果があります。

 

これらのようにハッシュタグを有効的に利用することで、投稿を目にする機会が増え、たくさんのいいねやフォロワーを獲得することが可能です。

 

終わりに

今回、今流行のSNSインスタグラムでいいねやフォロワーを集めるために、投稿で気を付けたいポイントを3つ紹介しました。

今後、ますますInstagramの活用シーンは増加することが見込まれます。それをただじっと見ているだけではなく、どうすればいいねやフォロワーを集められるか試行錯誤することが大切。そう思う今日この頃です。