Webサイト運営を考える~戦略・仮説検証・情報収集・Webで言えないこと

現在月間11万PVのWebサイトを運営中の管理人が、どうすればアクセスアップするか考え、そのための情報収集方法を探し、さらにWebでは言えない意見・主張を吐露するブログ

もてケアの効果を体感!実際に腹筋の筋トレを体験してみた~マクセル製のEMS運動器

Sponsored Links

Sponsored Links

先日、2018年ビックカメラのフィットネス福袋で、もてケアというEMS運動器をゲットしました。EMS運動器は、SIXPAD(シックスパッド)が有名ですが、もてケアは、そのジェネリック家電です。もてケアによる腹筋の筋トレを体験してみましたので、その使用感やどんな感じか紹介していきます。

 

 

もてケアはマクセル製のEMS運動器

そもそも、もてケアって何?という人も多いと思うので、解説します。もてケアは、マクセルが製造・販売しているEMS運動器です。EMS運動器というのは、鍛えたい筋肉の部位に電気を流すことで、筋トレができるという優れものです。よくテレビCMで流れていた「SIXPAD(シックスパッド)」が最も知名度が高く、自動掃除機におけるルンバ的存在です

 

もてケアはシックスパッドのジェネリック家電

もてケアは、シックスパッドと同じEMS運動器で、ジェネリック家電と言えます。そのため、本家のシックスパッドよりもかなり値段が安く入手することができます。今回、2018年の福袋で格安でゲットできました。

yamataso.hateblo.jp

お値段は、交換用パッド+ストレッチボールがセットになって、税込10778円でした。アマゾンで新品単体を購入するよりもお買い得な福袋でした。

 

実際にもてケアを体験してみた

2018年はながら作業で腹筋を鍛えるため、もてケアを使ってトレーニングを行うと決めました。ということで、実際に体験してみました。目指せ!6つに割れた腹筋です!

f:id:tyamamototry:20180107110854j:plain

もてケアを使用するまで

もてケアを使ったトレーニングを行うまでに、行わないといけない3つの準備があります。

  1. 箱から開封して、もてケア本体を取り出す
  2. 付属のUSBケーブルで充電
  3. 付属のゲルパッドをもてケア本体に貼り付け

気を付けたい注意点が、3のゲルパッド貼り付けです。片面を本体に貼り付けた後、もう一面の保護シートを剥そうとした際に、本体からゲルパッドが外れやすくなっています。説明書通りの剥し方ではなく、保護シートの色々な方向から剥してみて、剥しやすい箇所を見つけるのがポイントです。

f:id:tyamamototry:20180107110921j:plain

もてケアを使ってみた使用感・使い心地

それでは、もてケアを初体験です。腹筋を鍛えるため、もてケアをお腹に貼り付けてみました。

f:id:tyamamototry:20180107111655j:plain

付けると、電流が確かにお腹に感じます。イメージとしては、銭湯などにある電気風呂に入った感じです。1回で15種類のコースがあり、それぞれ電気の流れ方が違います。使った感じでは、筋肉が電流に動かされている感覚があります。1回20分ですが、終了したあとは腹筋の疲労感がありました。しっかり腹筋が鍛えられた感じがあり、トレーニングの効果がありそうです。

1回の充電で3回程度トレーニングが可能です。ただ、3回目はバッテリーが少なくなっているためか、少し弱く感じました。

 

ながらトレーニングは可能?

もてケアなどの売り・セールスポイントの1つに他の作業をしながら、トレーニング可能というメリットです。そのセールスポイントを体験するため、寝転んだ状態だけでなく、立ち上がったり、座ったり、動いたりしてみました。

もてケアが外れてしまいそうかと思ったのですが、外れる心配は杞憂でした。ただ、動くと、お腹の形が変わることで、電流の感じ方が変化しました。寝転びながら強めのトレーニング中に、立ったりすると、すごく電流を強く感じ、痛いくらいでした。

あまり動きが必要な作業中のトレーニングはオススメできず、テレビを見たり、スマホをしたり、パソコンをしながらのもてケアトレーニングがオススメです。

 

終わりに

今回、もてケアを実際に体験してみました。1回20分のトレーニングで、確かに腹筋が使われた感じがあり、疲労感もあるので、トレーニングの効果がありそうです。

ただ、まだ、試してから数日なので、どれぐらいの効果があるのかわかっていません。このトレーニングを1ヵ月程度継続し、腹筋がどれだけ鍛えられたか、また紹介したいと思います。

興味ある方はAmazonレビューもぜひご覧下さい↓