Webサイト運営を考える~戦略・仮説検証・情報収集・Webで言えないこと

現在月間11万PVのWebサイトを運営中の管理人が、どうすればアクセスアップするか考え、そのための情報収集方法を探し、さらにWebでは言えない意見・主張を吐露するブログ

ビックカメラ2019福袋のiPad福箱が当選!(ネット抽選で倍率300倍以上)

Sponsored Links

Sponsored Links

今日12月19日(水)にビックカメラ福袋2019の当選結果の発表が、13時にありました。どこかで確認してみようと思ったら、Gmailに結果メールが届いてました。メールを見てみると、なんと当選との文字があり、思わずその場で小躍りしていました!

 

 

ビックカメラ福袋2019のiPadは倍率300倍越え

当選メールを見て驚いたのは、ネット抽選の倍率がすさまじく、当初からあきらめ半分で臨んでいたからです。その倍率は、終了直前の数字でなんと344倍でした!

 

f:id:tyamamototry:20181219215723j:plain

 

2019年のビックカメラ福袋は、全部で74種類ありますが、その中でも8番目に倍率が高いです。344人に1人当たるという確率的に言えば、0.3%しかなく強運の一言に尽きます。

ビックカメラ福袋2019のネット抽選の倍率をまとめた記事はこちら↓

yamataso.hateblo.jp

 

当選メールはこんな文面 

実際に当選を知らせてくれたメールはこんな感じでした。

f:id:tyamamototry:20181219215847j:plain

あっさりな表示でしたが、きちんと当選の文字が入っています。

 

2019年のビックカメラiPad福袋の中身を予想

当選した喜びの次に湧いてきたのは、「じゃあ、どんなiPadが当たったのか?」という点です。残念ながら、福袋は当たっただけで満足してはいけません。なぜなら、在庫整理のため、福袋には型落ちした商品が入っている可能性も否定できないからです。

そこで、今年2019年のiPad福袋の中身はどのiPadが当たるのか、予想していきたいと思います。

 

福袋は価格の2倍までが上限か

福袋のオトク度ですが、これまでの情報を見ていると、2倍程度ならいい方だろうということでした。今回のiPad福箱は22,800(税込み24624円)でした。この価格から類推すると、5万円程度の商品が妥当なラインだと推測されます。

2018年のiPad福袋の中身は何だった?

では、前回の2018年のiPad福袋の中身はどうだったのか、Twitterなどの情報を集めてみました。

 

2018年はiPad AIR2の32GBのモデルでした。評価的にはハズレという意見が多いです。 

iPad Proは望み薄、第6世代が有力か?

これらのポイントから加味すると、iPad Proはまず入っている可能性は低いと思います。そのため、2018年春に発売された第6世代が有力と推測します。こちらでも価格ドットコムでも36000円で発売されており、1万円以上オトクです。

 

残念ながら、一眼レフとSurfaceは落選

当選したiPad以外にも一眼レフのカメラと、タブレット・ノートPCのSurfaceに申し込んでいました。けれども、こちらについては、残念ながら当選は叶わず、落選メールが届いていました。

f:id:tyamamototry:20181219215952j:plain

f:id:tyamamototry:20181219220007j:plain 

正直、これだけ高倍率の福袋が2つも当たると、災難が降りかかってくるのではとビクビクしてしまうので、外れてよかったです。

 

終わりに

今回、倍率344倍以上のビックカメラ福袋2019のiPad福箱が当選した喜びを受け、どんな商品が入っているか予想しました。iPad福箱の税込みの値段が24624円だったので、5万円程度が妥当なラインということで、「」と予想しました。

この予想が果たして当たっているのか、iPad福箱の到着がとても楽しみです。