Webサイト運営を考える~戦略・仮説検証・情報収集・Webで言えないこと

現在月間6万PVのWebサイトを運営中の管理人が、どうすればアクセスアップするか考え、そのための情報収集方法を探し、さらにWebでは言えない意見・主張を吐露するブログ

約6万PVのバーティカルメディアにグーグルアドセンスを貼って1ヶ月の収益は!?

Sponsored Links

運営しているバーティカルメディアにとうとうグーグルアドセンスを導入してみました。すでに毎月6万PVのアクセスを記録していたブログですが、6万PVというPV数でGoogle adsense の広告を貼ると、どれぐらいの収益になるか紹介したいと思います。

 

2016年9月から運営している6万PVのサイトにグーグルアドセンスを導入

今まではamazonアフィリエイトリンクを除いて、広告を一切貼らずに運営してきたサイトに、ついにGoogle Adsenseで広告を貼ることにしました。というのも、少し広告に関わる仕事を行うようになったためです。自分のサイトで実際に広告を運用して、広告効果などを検証すれば、より広告について深く学べると考えました。今までもPV数から推定の見込み収益を考えたりしてましたが、それでは机上の空論にすぎず、実践に勝る経験はないという思いから、とうとう始めてみました。

 

f:id:tyamamototry:20181013150823j:plain

 

 

広告を掲載することで、批判やアクセス減は発生したか?

サイトを運営するにあたって、広告を掲載してこなかったのには理由があります。それは、広告を使うことで、利用者から金儲けと罵られたり、さらに嫌気がさして、ユーザーがいなくなるのでは?という不安があったからです。また、グーグルアドセンスを導入することで、サイトを表示するために、広告の読み込みも必要になります。それらの読み込みを行うと、サイトの読み込み速度も遅くなり、SEO的には評価が下がることを危惧していました。

f:id:tyamamototry:20171211212148j:plain

結果的に言えば、そういったことは発生しませんでした。アクセス数については、よく読まれた記事もあったからか、前月よりもよい数字でした。ページ読み込み速度も定期的にモニタリングしましたが、以前よりも読み込みにかかる時間が変わったわけではありませんでした。
ツイッターなどのSNSエゴサーチしたりしましたが、「この拝金主義が!」と罵られることもありませんでした。そのため、広告を入れたことによる影響は、定量的にも、定性的にもなかったと推量しています。

 

サイトのPV・UU数、ユーザー属性など

Google Adsenseを掲載するサイトの情報を紹介します。

  • PV数:67000
  • UU数:40000
  • リピーター:5000
  • 男女比:3:7で女性がメイン
  • 年齢層:30~40代女性層が最も多い
  • バイススマホ83%,PC12%,タブレット5%

PV数は6万PVと言ってましたが、今月は少しバズった記事が2記事あったので、ページビューが増加しています。20代~40代の女性が多く閲覧するサイトです。言いように言えば、広告的にはターゲットになりやすいF1層が集まっています。

 

f:id:tyamamototry:20170822195315j:plain

 

グーグルアドセンスの設置場所について

ここは、今回、グーグルアドセンスの広告を設置するにあたって、最も考えたポイントです。というのも、アドセンスは、統計的に貼れば貼るだけキャッシュポイントが増加します。以前読んだ記事でも、できるだけ貼った方が収入が発生すると書いていました。しかし、広告を表示しすぎるとユーザーは、目障りに感じます。そのため、できるだけユーザーが記事を阻害しない配置を心がけました。

一般的なグーグルアドセンスの設置場所

よくあるワードプレスサイトのアドセンスの構成としては、以下のポイントに掲載されることが多いです。

  • 記事上部(目次表示後)
  • 記事内
  • 記事下部(文末後)
  • 関連記事
  • サイドバー上部
  • サイドバー下部

上記の6箇所がよく設置を見かける場所です。その他にも記事内に複数のアドセンスを張り付けたり、スマホだと、下部に常に表示される広告を掲載されるのが多いです。

f:id:tyamamototry:20181013150934j:plain

 

 

ユーザーの記事を読むを阻害しないGoogle Adsenseの配置

今回導入するサイトでは、ユーザーが記事を読むという行為の邪魔にならない配置を心がけました。その結果、配置した場所は以下のポイントです。

  • 記事下部(文末後)
  • 関連記事の末尾

クリック率・タップ率の高い、記事上部や記事内は、ユーザーが読んでいるときに表示されると邪魔になります。そのため、除外しました。

サイドバーは邪魔にはならないと思われるかもしれません。しかし、PCユーザーならともかく、スマホユーザーの場合、サイドバーまで読んでくれるのは珍しいです。そう考えると、広告表示するために読み込み時間がかかるなら、貼らない方がよいと判断しました。これは、一度ABテストなどで検証は行いたいと思います。

 

2018年9月のグーグルアドセンスの実収入は?

それでは、Google Adsense で2018年9月に発生した収入金額を紹介したいと思います。アドセンス全体としては、「15000円」でした。しかし、この数値は、このブログや、他のサイトの収入も少し混ざっています。それらを除外した結果、新たに導入したサイトでは「12000円」でした。

この数値をPV数で割ると、1PVあたりの収入額は0.18円でした。目指せ1PV1円ですが、1PV=0.1円にならずによかったです。RPM(Revenue Per Miles)で計算すると180円でした。このブログのRPMは120円なので、150%とページの価値が高いことが分かります。

 

f:id:tyamamototry:20181013150954j:plain


終わりに

今回、運営してきたWebサイトにグーグルアドセンスを導入し、1ヶ月でどれぐらいの収益がどれぐらいだったか紹介しました。6万7千PVで1万5000円というのは、一般的なWebサイトと同程度の収益ではないかと思います。あまり広告を全面に押し出すサイトではないので、控えめに掲載していますが、CTRが高い、記事の目次下などに掲載すれば、もう少し収益を押し上げられる見込みです。しかし、掲載するとユーザーの読みやすさに大きく影響するため、記事内広告には消極的です。改善策等が見つかったり、収益が大幅に上昇した際には、ご紹介したいと思います。