Webサイト運営を考える~戦略・仮説検証・情報収集・Webで言えないこと

現在月間6万PVのWebサイトを運営中の管理人が、どうすればアクセスアップするか考え、そのための情報収集方法を探し、さらにWebでは言えない意見・主張を吐露するブログ

Luxeritasのバージョンアップ方法を解説。実際にアップデートしてみた

Sponsored Links

ワードプレスのオススメ無料テーマ「Luxeritas」のバージョンアップ(2.5→3.3)に挑戦してみました。公式サイトのアップデート手順を試してみたのですが、そのままのやり方ではうまくいかなかったので、私が行った方法を紹介したいと思います。

 

 

Luxeritasは通常のテーマよりバージョンアップが難しい

Luxeritasは、ワードプレスの公式テーマサイトで入手できるテーマと異なります。

  1. 公式サイトからzipファイルをダウンロード
  2. 自分のワードプレスにアップロード&インストール
  3. Luxeritasを有効化

という3つのStepを行う必要があります。

通常のテーマサイトから入手したテーマの場合、テーマにアップデートがあると、管理画面上で簡単にアップデートできます。

f:id:tyamamototry:20180809230502j:plain

しかし、こうした自分のパソコンからアップデートしたテーマのアップデートは手間がかかります。

 

公式サイトのLuxeritasのアップデート方法は2種類

Luxeritasのテーマをアップデートする方法は、2種類用意されています。

  1. FTPソフトなどで、Luxeritasのテーマをアップロード
  2. Luxeritas Update Theme を使用してアップデート

ソフトなどの環境が不要で、ワードプレスの管理画面でアップデートできる2番目がオススメです。

 

そこで、今回、2番目の手順をベースに実施しました。しかし、途中上手くいかない箇所が出てきたので、1番目のFTPソフトを使ったやり方も組み合わせた方法で、Luxeritasをアップデートしました。

 

前提条件:ソフトのバージョンについて

アップデートの条件となるソフトのバージョンを記載しておきます。

バージョンアップ前

  • 親テーマ:2.5.1
  • 子テーマ:2.0.0

f:id:tyamamototry:20180809232800j:plain

f:id:tyamamototry:20180809232810j:plain

バージョンアップ後

  • 親テーマ:3.3.1.1
  • 子テーマ:3.0.0

1桁目の数字が変わるメジャーバージョンアップになります。

 

Luxeritasアップデート手順

1.Luxeritasアップデート用テーマをダウンロード

以下の公式サイトから、Luxeritasをアップロードするために使用するテーマをダウンロードします。

thk.kanzae.net

 

2.Luxeritasアップデート用テーマをアップロード&インストール

ダウンロードしたテーマをzipファイルの状態で、ワードプレスの管理画面からアップロードとイントールします。

f:id:tyamamototry:20180809232829j:plain

アップロードとインストールに成功すると、以下の表示が現れます。

f:id:tyamamototry:20180809232921j:plain

 

3.Luxeritasアップデート用テーマを有効化

インストールに成功すると、下の図の3番目のように、アップデート用のテーマが表示されます。

f:id:tyamamototry:20180809232936j:plain

まだ有効化されていないので、Luxeritasアップデート用のテーマを有効化します。

 

f:id:tyamamototry:20180809232951j:plain

有効化すると、それまで表示されていたサイトが下の図のようにメンテナンス表示になります。

f:id:tyamamototry:20180809233001j:plain

この間にLuxeritasの親・子テーマをアップデートします。

4.バージョンアップ用Luxeritasの親・子テーマをダウンロード

 その前にバージョンアップするためにLuxeritasの最新版(zipファイル)をダウンロードします。下の公式サイトへのリンクでダウンロードできます。

thk.kanzae.net

 

5.Luxeritasの親テーマをアップロード&インストール

ダウンロードしたLuxeritasのテーマをzipファイルをアップロードします。

 

f:id:tyamamototry:20180809233332j:plain

アップロードすると、自動的インストールされ有効化されます。

6.子テーマをアップロード&インストール(問題発生!)

続いて子テーマも親テーマと同様にアップロードを行います。しかし、なぜか、子テーマを親テーマと同じ手順で実行すると、「インストールできませんでした」と表示されてしまいます。

なぜか理由が分かりませんが、管理画面からでは、何度やってもインストールできませんでした。

そこで、1番目のFTPソフトの手順を使って引き続き、アップデートを続行します。

 

7.FTPソフトを用意(ffftpなど)

アップデートのもうひとつの方法は、ダウンロードしたLuxeritasのテーマのzipファイルを解凍し、FTPソフトやSCPソフトでアップロードする方法です。

今回はより汎用的なFTPソフトを使います。なお、レンタルサーバーにはWeb-FTPのようなブラウザで操作できるFTP管理画面があります。しかし、こちらはフォルダのアップロードには適さないので、FTPソフトがオススメです。

今回、ffftpを使用します。googleで検索すれば、すぐに見つかります。こちらをパソコンにインストールしてください。

 

8.FTP接続に必要な情報を確認する

FTPソフトでサーバーに接続するためには、以下の3つが必要です。

  1. 接続先のアドレス情報
  2. アカウントID
  3. アカウントパスワード

これらはレンタルサーバーの管理画面でFTPの項目に必ず記載があります。アカウントパスワードが分からない場合は、アカウントを追加すれば問題ありません。

 

 

9.FTPソフトでサーバーに接続

調べた情報をもとに、ffftpでサーバーに接続します。接続して「wp-content/themes」のディレクトリに移動します。

f:id:tyamamototry:20180809235212j:plain

すると、Luxeritasのテーマフォルダが見つかります。「luxech」が子テーマ、「luxeritas」が親テーマです。

 

10.アップデート前ファイルを削除

まだ、アップデートできていない子テーマをバージョンアップするため、いったんサーバーに置いてある子テーマのフォルダを削除します。ただし、念のため、パソコンにダウンロードして、バックアップで保存しておくのがオススメです。

「luxech」を選択した状態で「Delete」キーを押すと、削除するか確認されるので、「全て削除」を選択し、完全に削除します。

f:id:tyamamototry:20180809235244j:plain

 

11.Luxeritasのテーマのフォルダをアップロード

削除が完了したら、パソコンにzipファイルを解凍した「luxech」をサーバーにアップロードします。すべてのファイルの転送が終了すれば完了です。

 

バージョンアップ後は、バージョンの数字が変化していることが分かります。

f:id:tyamamototry:20180809235145j:plain

f:id:tyamamototry:20180809235159j:plain

色々詰まったポイントもありましたが、無事バージョンアップに成功しました。

 

終わりに

今回、Luxeritasのテーマのバージョンアップを紹介しました。実際にアップデートを試した際に、行き詰ったところも紹介しています。

Luxeritasは、高頻度でバージョンアップされ、色々な機能が付加されています。古いバージョンよりも新しいバージョンの方ができることや機能が拡張しているため、古いバージョンを使っている場合はアップデートしたほうがよいです。

ぜひ、Luxeritasのテーマをバージョンアップする際に、ご参考いただけたらと思います。