Webサイト運営を考える~戦略・仮説検証・情報収集・Webで言えないこと

現在月間6万PVのWebサイトを運営中の管理人が、どうすればアクセスアップするか考え、そのための情報収集方法を探し、さらにWebでは言えない意見・主張を吐露するブログ

大手カフェチェーン4社・コンビニ3社の無料wifi接続時間まとめ

Sponsored Links

カフェやコンビニなどでは、無料のwifiが提供されるのが当たり前になってきました。しかし、こうした無料wifiは時間無制限で利用できるものばかりではなく、回数制限や時間制限が設けられている場合も多く存在しています。そこで、大手カフェチェーンや大手コンビニの無料wifiの接続可能な時間について調査しました。

 

パケ死」を防ぐために

近年、「パケ死」という言葉が世の中で再び使われるようになりました。元々は、iモードezwebがスタートした初期の携帯電話のころに使われた用語です。iモードezwebのやりすぎで、高額の電話代請求を受けたことを意味しました。

その後、携帯電話各社が、パケット定額プランを用意したため、発生頻度は減少し、消えつつありましたが、スマートフォンが登場し、再度「パケ死」が使われるようになりました。その意味としては、契約したプランのデータ容量以上にデータ通信を行ってしまうことです。

 

f:id:tyamamototry:20170709114006j:plain

それを防ぐための解決策がwifiの活用です。駅や商業施設で無料で利用できるwifiや家庭内のwifiを利用することで、キャリア契約のデータ通信量を節約することができます。モバイル通信とwifiを上手に切り替えることで、パケ死によるデータ通信制限を防ぐことができます。

 

カフェやコンビニの無料wifiは時間制限も

 スターバックスなどの大手カフェチェーンや、大手コンビニでは、無料wifiを提供しています。コンビニもイートインスペースの充実により、wifiが利用しやすい環境が整備されてきました。

しかし、お店によって、無料wifiに時間制限が設けられている場合があります。お店に長居するかの条件に、無料wifiの利用時間は大きくかかわっています。

そこで、

  1. 大手カフェチェーン4社
  2. 大手コンビニ3社
  3. 大手ファミレス3社

上記の合計10社が提供している無料wifiの接続時間と時間制限があるか、調査してみました。 

 

f:id:tyamamototry:20180806125534j:plain

大手カフェwifiの接続時間

大手コンビニwifiの接続時間

大手ファミレスwifiの接続時間

  • ジョナサン:3時間(60分×3回)
  • ガスト:3時間(60分×3回)
  • デニーズ:3時間(60分×3回)

※1日当たりの接続時間を調査

f:id:tyamamototry:20180806122204j:plain

 

終わりに

今回、カフェ、コンビニ、ファミレスの大手10社が提供する無料wifiの接続時間と時間制限があるか調査しました。

調査結果から、大手カフェ系は、再接続や再登録が必要になりますが、ほぼ1日利用できることが分かりました。カフェに比べるとコンビニやファミレスは時間制限があり、あまり長居されないよう工夫がされていました。

最も、利用しやすいのは、タリーズwifiで、こちらは無制限かつ1度接続すれば、終日利用可能とのことです。そのため、お近くにタリーズがある場合は、タリーズが無料wifiの利用にはオススメです。