Webサイト運営を考える~戦略・仮説検証・情報収集・Webで言えないこと

現在月間5万PVのWebサイトを運営中の管理人が、どうすればアクセスアップするか考え、そのための情報収集方法を探し、さらにWebでは言えない意見・主張を吐露するブログ

Luxeritasで投稿概要「description」の手動入力(カスタマイズ)方法を解説

Sponsored Links

ワードプレスSEOに優れた無料テーマ「Luxeritas(ルクセリタス)」で、検索結果に表示される、投稿概要を示す「description」を手動で入力する方法を解説します。

私も試そうとしたとき、やり方が分からず、上手くできるのに結構時間がかかったので、備忘録的に紹介します。

 

無料ワードプレステーマ「Luxeritas」

「Luxeritas(ルクセリタス)」は、無料のワードプレスのテーマです。Luxeritas Themeにて配布されています。

thk.kanzae.net

非常に高性能なワードプレステーマで、SEO的に優れています。それだけでなく、基本的にプラグインを導入する機能が、すでにテーマに組み込まれており、カスタマイズ性・拡張性が高いテーマの作りになっています。

以前、ルクセリタスの魅力・高性能ぶりを紹介しました。

yamataso.hateblo.jp

有料には劣る部分はありますが、無料テーマをどれにするか悩まれている方は、非常にオススメです。

f:id:tyamamototry:20170531101003j:plain

 

Luxeritasは投稿本文の冒頭部分をdescriptionに

Luxeritasをテーマ設定すると、記事を投稿した際に、その記事の概要を紹介する「description」タグには、本文の先頭部分から一定の文字数まで自動的に登録されます。このdescriptionタグで囲まれた内容は、検索結果にも表示されるため、とても重要です。多くのユーザーは調べたいワードで検索した際、

  1. 検索順位
  2. タイトル
  3. 記事概要(description)

の優先順位に従い、記事を表示するか決めるからです。

f:id:tyamamototry:20180124002509j:plain

ルクセリタスでは自分でdescriptionを入力しなくて済むため、非常に手間はかかりません。しかし、時には、descriptionを手動入力したいケースも出てくると思います。私も投稿のスタイルの関係上、他の投稿とdescriptionの内容が被るため、手動入力したいWebサイトが出てきました。

 

どうやってdescriptionを手動入力?

しかし、Luxeritasはデフォルト状態では、新規投稿時にdescriptionを自動的の設定です。そのため、ワードプレス投稿画面にはdescriptionを入力するフォームが見つかりませんでした。

そこで、色々調査した中で発見した、Luxeritasを適用したワードプレスの投稿のdescriptionを手動入力する方法を紹介します。

 

description入力方法

1.新規投稿の画面上部にある、「表示オプション」をタップorクリックします。

f:id:tyamamototry:20180312022149j:plain

 

2.表示オプションが開くと、色々なチェック項目が表示されます。ボックス>「抜粋」部分が未チェック状態のため、チェックを入れ、「表示オプション」を押します。

f:id:tyamamototry:20180312022209j:plain

 

3.投稿の本文入力スペースをスクロールしていくと、「抜粋」と入力可能なフォームが用意されています。

f:id:tyamamototry:20180312022403j:plain

ここに、入力したい投稿概要を記載すれば、以後検索エンジンからこの抜粋が見えるようになります。さらに、Twitterカードなどでもこの内容が表示されます

 

検索ユーザーはタイトルと検索順位が重要ですが、判断材料として、概要のdescriptionは非常に読まれるもののため、生半可なものはよくありません。そこで、しっかり集客をするためには、ユーザーが気になるような文章を用意しておくべきです。

もちろん、自動的に冒頭文がdescriptionに入力されるため、基本的には、そのまま自動入力で問題ありません。ただ、冒頭文によっては、今回お伝えした手順を使ってユーザーのクリックを求められる投稿概要を手動で準備した方がよいケースもあります。ぜひ、そういったケースにLuxeritasで抜粋(description)を手動で入力するようにしましょう。