Webサイト運営を考える~戦略・仮説検証・情報収集・Webで言えないこと

現在月間6万PVのWebサイトを運営中の管理人が、どうすればアクセスアップするか考え、そのための情報収集方法を探し、さらにWebでは言えない意見・主張を吐露するブログ

Youtubeの広告表示条件が改訂!チャンネル登録数や再生数などハードルがさらに高く

Sponsored Links

Googleから2018年2月20日以降、Youtubeの動画に広告を表示させる条件が厳しくなる模様です。今回の改定は、前回の再生数1万よりも、高いハードルが設けられ、クリアするのは、難しいレベルです。

ユーチューバ―騒動を受け、基準改定

アメリカのユーチューバ―が日本の富士樹海で、自殺者の映像を公開し、炎上しました。その件を受け、Youtubeを運営するGoogleが広告プログラムを変更しました。

japan.cnet.com

【従来の条件】

  • チャンネル合計の視聴回数:1万回

【新しい条件】

  • チャンネル登録者数1000人以上
  • 過去12カ月間の総再生時間4000時間以上

ユーチューバ―にとってかなり厳しい条件です。従来の1万回は、チャンネル登録を始めてからの累計でした。しかし、今回は、過去12か月間の総再生時間という、期限的な区切りが設けられています。さらに、再生回数から再生時間に変更されるため、視聴途中で抜けたケースも考慮されます。一時的にバズって再生数が増え、広告表示できるようになっても、翌年にはまた表示されなくなる可能性もあります。

また、チャンネル登録数1000人というのもかなり厳しい面があります。

 

 

ユーチューバ―からは嘆き声

f:id:tyamamototry:20170906091409j:plain

基準厳格化を受け、Youtubeから収益を得ている初級~中堅ユーチューバ―からは嘆きの声が出ています。

news.nicovideo.jp

ただ、再生数やチャンネル登録数のハードルが引き上げられたことで、より過激な内容が投稿され、問題解決にならないのではという声も出ています。

 

弱小ユーチューバーもやっていました

実は、管理人、ユーチューバ―もやってました。といっても「顔出しなし」、「生き物」で特に世間を騒がすようなことはしていません。ただ、再生回数も1万回を超えているので、現状は広告が表示されるレベルです。といっても収益は1500円程度ですが(笑)

 

2017年の再生実績を調査!新基準はクリアできる?

そこで、2017年のチャンネルの再生実績を調べてみました。どれぐらい基準が高いか紹介します。

【管理人のYoutubeチャンネル】

  • チャンネル登録数:30
  • 動画数:約30本
  • 視聴回数:約13000回
  • 再生時間:約9000分→150時間

【新基準】

チャンネル登録数:×(30<1000)

総再生時間:×(150<4000)

f:id:tyamamototry:20170906091329j:plain

どうあがいてもクリアできません。今の30倍近く頑張らないと、残念ながら広告は掲載されないみたいです。頑張る気も起きない数値でした。

 

Youtube視聴ユーザーにはメリット

2018年2月22日以降、Youtubeで広告を見る機会が少なくなると思います。そう考えると、ある意味Youtubeを見るユーザーにとっては、メリットはあるのかなと感じました。ネット広告は、拡大を続けてきましたが、今踊り場にきつつあります。そうした時にGoogleの今回の対応は正しいのかなと感じた、今日この頃です。