Webサイト運営を考える~戦略・仮説検証・情報収集・Webで言えないこと

現在月間3万PVのWebサイトを運営中の管理人が、どうすればアクセスアップするか考え、そのための情報収集方法を探し、さらにWebでは言えない意見・主張を吐露するブログ

独自SSLが無料で利用可能な格安レンタルサーバー『スターサーバー(Star Server)』がサービス開始!(ミニバードなどを提供するネットオウル)

 

格安レンタルサーバーに独自SSLサービスが無料で利用できる新しいサービスが2017年8月7日からスタートします!そのサービスは、『スターサーバー』というサービスです。

www.netowl.jp

月額250円でワードプレスが利用可能な格安レンタルサーバー『ミニバード』を運営しているネットオウルが提供します。これはミニバードを利用しているユーザーにとって朗報、福音とも言えます。

 

 

独自SSLを無料利用できるレンタルサーバーは少数

今までは、格安サーバーでは、他のユーザーと共用し、アドレスが変更になる共用SSLは無料で提供されていました。しかし、独自SSL有料オプションのケースが大半でした。私が利用中のミニバードやロイポップは、どちらも独自SSLを利用したい場合、費用がかかりました。有名どころのレンタルサーバーでは、エックスサーバーが独自SSLを無料で提供していましたが、月額1000円と格安サーバーと比較すると、やや高額な面がありました。

けれども、googleSSLを使用した暗号化通信を行うHTTPSサイトを、SEOの観点で重要視し、検索順位に反映させるという発表もあり、SSL通信を行うWebサイトの重要性は高まっていました。

 

f:id:tyamamototry:20170731192128j:plain

 

格安レンタルサーバー選択での失敗

ここで私は少しサーバー選択時にミスを侵していました。あまりにも費用を抑えるために、Webサイトの構成を『共有ドメイン+独自SSLなし』をチョイスしてしまったのです。この構成はレンタルサーバーの構成としては、最安ののため、そこそこ同じ構成のウェブサイトがあります。ただ、WebサイトのSSL化が進むことが予見できた2016年に、この選択は失敗でした。SSL利用すると、エックスサーバーが利用できるほどの費用がかかり、引っ越ししようにも、共用ドメインのため、引っ越し先が困難です。もし、強引にドメイン変更を進めれば、SEO的にマイナスで検索順位が下がることが目に見えています。

 

スターサーバーで、独自SSLの悩みを解決!

今後ますますWebページのSSL化が進んだらどうしようかなぁと思っていたところでした。そんな時、本日7/31に、利用中のミニバードを提供するネットオウルから、独自SSL無料の新しい格安レンタルサーバー『スターサーバー』サービス開始のお知らせがありました。

サービス開始は8月7日予定で、その後、ミニバードなどの従来のプランが順次、スターサーバーに統合予定とのことです。統合後は、従来プランのユーザーもスターサーバーの機能が利用可能になるとアナウンスされています。これは、私が抱える2つの問題のうちの1つ、SSL非対応を解決するというまさに素晴らしいサービスです。もうひとつの独自ドメインは、ネットオウルのサービスと一蓮托生を決め込めば、問題になりません。

 

f:id:tyamamototry:20170731192325j:plain

 

スターサーバーの概要

 ネットオウルから発表があった、スターサーバーの概要を紹介します。

【スターサーバーの特長】
 現在提供中のレンタルサーバーサービスをさらにパワーアップ!
 これまでより充実したサービス・機能を提供します。

 ◆さらに快速に!高速サーバー環境!
  高性能CPU・大容量メモリの最新サーバーマシンを採用!
  すべてのプランで高速サーバー環境を提供します!

 ◆無料で使える独自SSL機能!
  無料のSSL証明書「Let's Encrypt」が設定できる機能を
  すべてのプランで提供!
  簡単操作でセキュリティが強化できます!

 ◆クラウドのような柔軟な拡張性!
  主要プランでは、即時反映のプラン変更機能を提供!
  サイトへのアクセスが増えたタイミングで
  簡単にリソースの拡張が可能です!

 ◆これまで運営のレンタルサーバーサービスの長所はそのまま継続!
  WordPressなどのCMSの「簡単インストール」機能や
  「ネットオウルのドメイン」「アクセス解析」機能などの
  簡単・便利機能は引き続き利用可能です!
  各種サーバー設定も管理ツールかららくらく簡単!

 

www.netowl.jp

 

お知らせを確認したところ、一般ユーザー向けのプランは4種類ありました。

  1. 月額126円でワードプレス×
  2. 月額250円でワードプレス1サイト可能(データベース1個)→ミニバード相当
  3. 月額500円でワードプレス20サイト可能(データベース20個)→ファイアバード相当
  4. 月額1500円でワードプレス無制限

さらにそれぞれサーバーのCPU数も性能がよくなります。2の月額250円のプランがミニバードの後継プラン、3の月額500円のプランがファイアバードの後継になります。

 

従来のミニバードやファイアバードとサービス統合

2017年8月7日から無料の独自SSLサービスが付いたスターサーバーのサービス開始に伴い、ネットオウルが提供していた格安レンタルサーバープラン、ミニバードとファイアバードのサービスがスターサーバーに統合されます。

まだ、どのような形で統合されるか、全容は明らかになっていませんが、今回新サービスで利用可能な機能については、従来プランの統合版でもすべて利用可能となっています!そのため、私が加入しているミニバードのプランでも、追加費用なしで独自SSL、すなわち現在利用しているドメインで、HTTPS接続が可能になります!

 ※2017年8月1日追記

1点心配だったのが、ミニバードのレンタルサーバーのプランが、スターサーバーに統合されるタイミングで、データベースの上限数が減少するかということでした。ミニバードはデータベースを5個使用できますが、新しいスターサーバー・ライトプランでは、データベース数は1個になっています。これでは、現状のWebサイトを運営するには、スタンダードプランにアップグレードしないといけない不安がありました。

しかし、ネットオウルのHP情報を確認したところ、ミニバードユーザーは統合後も、データベースの利用数は5個のまま引き継げると記載がありました。そのため、安心してスターサーバーに移行後も、Webサイトの運営が可能です。

従来のプランが抱える問題点を解消

 従来の格安レンタルサーバープラン、「ミニバード」と「ファイアバード」には問題点がありました。それは、ミニバードとファイアバードの行き来ができなかったことです。それぞれ別個のサービスとしてしか契約できませんでした。そのため、ミニバードで転送量などが上限に達した場合に、そのまま高性能版のファイアバードに移行できず、ファイアバードと契約して、ミニバードから引っ越すという形を取らざるを得ませんでした!そのため、今回の新サービスでは、Webサイトの規模に応じたプラン変更が可能と謳っています。

 

 ◆クラウドのような柔軟な拡張性!
  主要プランでは、即時反映のプラン変更機能を提供!
  サイトへのアクセスが増えたタイミングで
  簡単にリソースの拡張が可能です!

 そのため、必要最小構成でミニマムスタートし、アクセス数が増加したり、サイトの記事数が増え、規模が拡大したときに、プラン変更するといった柔軟な運用が可能になりました。

 

今回のネットオウルの新サービス「スターサーバー」は独自SSLが無料でついてくるプランです。これで格安サーバーとして、月額250円でワードプレスなどが利用できるのは、破格のサービスです。

突然降ってわいた話にうれしさが隠せない!そう思う今日この頃です!