読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサイト運営を考える~戦略・仮説検証・情報収集・Webで言えないこと

現在月間3万PVのWebサイトを運営中の管理人が、どうすればアクセスアップするか考え、そのための情報収集方法を探し、さらにWebでは言えない意見・主張を吐露するブログ

Twitterは、批判側が圧倒的有利のSNSプラットホーム。自分のツイートのリプを非表示にできる機能はないか。

 Webサイト運営で記事を書き、それをTwitterなどでツイートすると、ユーザーからのいいねやリツイートなどの反応が返ってきます。さらに、コメントいただけるなどありがたいケースもあります。

 

しかし、対応に苦戦するのが、記事の内容に批判的なリプライツイート(リプツイ)です。なぜ困るのか。それは、

 

批判はポイントが絞れ、140字に収まるが、批判への反論は、140字で収めるのは難しい

という点です。批判される方は、あるポイントで批判してきます。それに対して、反論するには、そういった経緯も含め、説明に要する文量はそこそこ要ります。ただ、そこで、タラタラと反論を書けるかといえば、そうではありません。

個人的な感覚ですが、ツイッターでの議論の応酬は、見てて気持ちのよいものではありません。また、ひとつの批判コメントに複数のコメントで返すというのは、見ているフォロワーにみっともないところを見せている感じがしてなりません。

あと、もう1点つらいのが、基本的に記事等を読んでくれないことです。記事を読めば、

 

  • そこポイントじゃないのに
  • これとあれは同じ土俵で比べるべきではないのに
  • 経緯を知らずに、一部だけ切り取られてしまった・・・

 

とわかることも、読まずに反論してくるケースがあります。3つ目は、日頃批判の的になる、マスコミさながらの手法ですが、意外と多いです。

 

そして、ここからが一番つらいのが、

リプツイは、受けた側では消せない点です。

正直、批判側は、気にしないですが、受けた側は、批判ツイートが残っているのは気になります。まあ、気にしたところでしょうがないのですが。ただ、できるだけツイートに激しい議論の応酬は載せたくない人は多いと思います。

 

しかも、議論がきれいに終われば、いいのですが、こちらが批判に応える形の反論をしても、さらに批判が投下されるケースもあります。こういった場合は、記事との関連をなくすために、リプツイートの元ツイートを消して、自分宛てのツイートに変更するしか手段が残っていません

これらの条件から、ツイッターでの議論は、たとえ話でいうと、

批判側→その土地に縁もゆかりもなく、やりたい放題可能で攻撃が可能

反論側→自分の土地を守りながら、攻撃に対応が必要

という状態で圧倒的に反論する側が不利になっています。やろうと思えば、しっかり反論することが可能ですが、それは、自分にとって大局的にはマイナスなので、実行できない状態です。

 

今のところ、自分には見えないようにするミュート機能はあるのですが、残念ながら、フォロワーは見える状態になってしまうため、できれば、フォロワーに非表示にできる機能があればいいのですが、残念ながら、調べたところなさそうです。

ブログとかだとある機能なので、実装できたらいいのにと感じる今日この頃。