Webサイト運営を考える~戦略・仮説検証・情報収集・Webで言えないこと

現在月間3万PVのWebサイトを運営中の管理人が、どうすればアクセスアップするか考え、そのための情報収集方法を探し、さらにWebでは言えない意見・主張を吐露するブログ

Webサイト運営におけるSNS活用戦略ーTwitterで拡散・バズを起こす目的

今のWebサイトにはTwitterFacebookなどのSNSでバズる、すなわちたくさんのユーザーに拡散させることは、アクセス数を増やすために、とても重要です。そのため、現在のWebサイト運営においては、SNSアカウントは必須と言われています。

 

SNSをアクセス数増加に活用すべき理由

SNSによる拡散を、アクセスアップするために活用すべき理由は、拡散がお金をかけずに、アクセス数が少ない運営初期でも効果が見込めるからです。というのも、SNSのフォロワー、友人の数が少なくても、拡散させることは可能です。もちろんフォロワー数が多い方が拡散しやすいですが、フォロワー数が200,300程度でも拡散で一日千アクセス以上稼ぐことは可能です。その為、Web運営間もないころでも、コストをかけずにアクセスアップに有効な手段です。今回は、その目的に絞って記事を書きたいと思います。


■拡散の目的

SNSでバズる目的は、短期的な目的と長期的な目的の2つあると考えています。

1つ目は拡散によるアクセス数アップです。拡散されることで、様々なユーザーが自分のSNSを投稿して、自分のWebサイトにアクセスします。これによってページビュー、ユニークユーザー数ともに急激に増加します。この効果は大きく、私が運営するWebサイトでも、月間PVでの割合は、30%程度が拡散によって稼いでいます。初めてバズるを経験し、グーグルアナリティクスを見たときは、あまりのPV数、UU数の増加に衝撃をうけたことが記憶に強く残っています

2つ目は、拡散によって、今後のコンスタントなWebサイトへのアクセス数をアップさせることです。SNSでの拡散が落ち着いた後、以前よりもアクセス数が増える傾向にあります運営するサイトでも複数のバズるを経験しましたが、落ち着いたあとの平均アクセス数が確実に増加しています。これの明確な理由は特定していませんが、

 

拡散したツイートは沈静化したあとも一定のアクセスの導線になる

拡散したユーザーが自分のWebサイトをウォッチするようになる

③検索でも上位表示され、オーガニックなユーザーが増加する

 

このいずれか、もしくは複合した理由に集約されると考えます。アクセス解析をすれば、きちんとした理由が見えてくる気がしますが、確度の高いところまで考えるのは、至難の技です。

ただ、拡散させることで、短期的なアクセスと、長期的なユーザーを獲得できることは間違いない事実です。その為に、どのように投稿すれば、リツイートなどをたくさん得ることができるか、戦略を立てる必要があります。今までの運営のなかで得た知見について次回紹介したいと思います